ジョン・グリーン監督の次回作映画の公開時期と配信者が決定

まとめ

  • ジョン・グリーン監督の次回映画化作品『タートルズ・オール・ザ・ウェイ・ダウン』ストリーマーと公開日が決定。
  • この小説は、OCDと不安症を正確に描写したことで批評家の称賛を受けました。したがって、この映画はメンタルヘルスにも焦点を当てていることが期待できます。

著者のジョン・グリーンは、ストリーミングプラットフォームと公開期間を獲得し、次の映画化作品「タートルズ・オール・ザ・ウェイ・ダウン」の製作を認めた。 

ジョングリーン 彼の作品「The Fault in Our Stars」で最もよく知られており、この作品はすぐにベストセラー リストのトップに上り詰め、2014 年に映画化され商業的に成功しました。 

グリーンの 2017 年の小説『Turtles all the Way Down』は、映画化される彼の YA 作品の XNUMX 冊目となります。

著者はインスタグラムの投稿で、自身の本の映画化、具体的な公開期間とストリーミングホームの獲得についてのニュースを共有している。

この映画は 2017 年から開発が進められてきましたが、グリーン監督は、映画が最後まで完成するかどうかを予測するのは常に難しいとコメントしています。ただし、著者は、この映画が今年のいずれかの時点で Max でリリースされることを認めています。

2000年にフォックス2017が映画化権を取得し、テンプル・ヒル・エンターテイメントが製作することになった。 『The Fault in Our Stars』や『Paper Towns』を製作したのと同じ制作会社です。

この映画の製作チームはすぐに結成され、『アフター・エヴリシング』のハンナ・マークスが監督に選ばれ、『ディス・イズ・アス』の共同ショーランナーであるエリザベス・バーガーとアイザック・アプテイカーが脚本執筆の指揮を執った。

ジョン・グリーン監督の次回作映画の公開時期と配信者が決定
カメはずっと下まで |ソース: Instagram

2022年までに映画のキャストが決定した。 『ラスト・オブ・アス』シーズン2のイザベラ・マーセドと『ジニー&ジョージア』のフェリックス・マラードが、それぞれ主人公のアザとデイヴィスに選ばれた。 

さらに、クリー・チッキーノがアザの友人デイジー役で出演し、マークス監督がアップルビーズ・レストランのウェイトレス・ホリー役で出演する。他の著名なキャストには、ジュディ・レイエス、マリク・ジョンソン、J・スミス=キャメロン、プールナ・ジャガナサンなどが含まれます。

この映画はマックス社の配給会社を見つけたので、間もなく予告編と公開日が公開されることが期待できます。 ストーリー的には、この映画は極度の不安症と強迫性障害を抱える高校生、アザに焦点を当てます。彼女はデイヴィスという男と関係を築き、二人は億万長者の逃亡者の父親を捜し始める。 

この正典小説は、不安症と OCD の悪影響を正確に描写したことで多くの批評家から高い評価を受けました。したがって、この映画はメンタルヘルス問題に対する意識を高めるという使命を担うことが期待できます。

タートルズ・オール・ザ・ウェイ・ダウンについて

『タートルズ オール ザ ウェイ ダウン』は、ジョン グリーンによる 2017 年の同名の小説を基にしたアメリカの新作恋愛ドラマ映画です。この映画は、エリザベス・バーガーとアイザック・アプテイカーの脚本によりハンナ・マークスが監督し、イザベラ・マーセドが主演する。

物語は、億万長者の失踪を追う強迫性障害を持つ16歳の少年を中心に展開する。

この映画は2017年2024月に初めて発表され、何年にもわたる開発地獄を経て、XNUMX年後半にニューライン・シネマによってストリーミングサービスmaxで公開される予定だ。

コメント

コメントを残す