ワーナー ブラザース ジャパンはアニメ ゲームを強化し、年間 10 以上のエキサイティングなタイトルを約束します!

ワーナー・ブラザース・ディスカバリーのアジア太平洋地域社長のジェームズ・ギボンズ氏は、同社の日本のアニメスタジオが年間制作本数を10タイトル以上に増やすと、これまでの10~XNUMXタイトルから大幅に増加するとバラエティに発表した。

ギボンズ氏は、アニメはとらえどころのない18歳から30歳の視聴者にリーチするのに非常に効果的な媒体であると強調した。同氏はまた、米国、欧州の一部、ラテンアメリカにおける同社の強力なアニメファンベースについても言及した。

同社のアニメ スタジオは 2011 年の設立以来、『ジョジョの奇妙な冒険』、『レコード オブ ラグナロク』、『SPY×FAMILY』など、80 以上のタイトルを開発してきました。

ワーナー ブラザース ディスカバリーの子会社であるワーナー ブラザース ジャパンは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』をはじめとするさまざまなアニメプロジェクトに積極的に取り組んでいます。食戟! 『食戟のソーマ』と『ジョジョの奇妙な冒険』。 

さらに、同社およびその親会社は、『ゴジラ』、『るろうに剣心』、『銀魂』、『デスノート』などの人気作品を含む、海外および国内の観客向けの実写映画化作品の制作も手がけています。ワーナーブラザーズ。 

日本は最近、象徴的な漫画『北斗の拳』の新たなアニメ化計画を発表し、現在ウィットスタジオと協力してオリジナルアニメ『スーサイド・スクワッド ISEKAI』を制作中で、7月にデビューする予定だ。

情報源: 多様

アーヘリ・プラダン

A grandma by heart who loves to knit, sketch, and swing in parks.公園で編み物をしたり、スケッチしたり、ブランコを振ったりするのが大好きな、心からのおばあちゃん。 Binge-reads a massive amount of manga from psychological to shounen-ai.ビンゲ-心理学から少年愛まで大量の漫画を読みます。 Either awkward or salty, there's no in-between.ぎこちないか塩辛いかのどちらかで、間にはありません。

コメント

コメントを残す