台湾のオタク、フリーレンのヒンメルに触発されてナイフ攻撃を中止

アニメのキャラクターの中には、感動的で信じられないほどクールなものもあります。彼らは多くの人にインスピレーションを与えてきましたが、おそらくそれがきっかけでアニメに興味を持った人もいるでしょう。だって、ナルトがそう言ったから諦めないと決めたのを覚えてないの?

ただし、これらのインスピレーションが現実の生活に反映されることはほとんどありません。私たちは通常、こうした一瞬のインスピレーションのことを忘れているか、実際に「クールになる」勇気がありません。 

しかし、この台湾人男性は、ナイフによる攻撃を止めて、アニメのような信念を見せてくれました。

台湾出身の男性は、台中の地下鉄で起きたナイフによる襲撃事件を阻止するのに協力した。なぜなら、アニメの主人公、『フリーレン:旅の終わりの彼方』のヒンメルも「同じことをしただろう」からだ。

チャイナ・タイムズ紙が報じ、シリコーンエラが翻訳したところによると、徐瑞賢さんは、17年21月2024日に台湾・台中の電車内でナイフでXNUMX人を負傷させた男性を慌てて止めたXNUMX人の民間人のうちのXNUMX人だった。

徐さんはその勇気が評価されて賞を授与され、賞を受け取るとフリーレンについてインスピレーションを受けたと語る前に、自分をオタクだと称した。 

「もしヒンメルがそこにいたら、彼は同じことをしただろう」とシュー氏は語った。さらに、ご存知のとおり、オタクは社会的に不人気になりやすいオタクです。そこで徐さんは、自分の行動とオタクとしてのプライドが、オタクを自認する人々に対する世間の認識を改善することを望んでいる。

「それは英雄ヒンメルだったらしたであろうことだ」も日本や他の多くの国で主流のミームとなった。そして彼らはとても陽気です。

全体として、これはかなり驚くべき偉業です。そして私たちはこの男の勇気を称賛すべきです。

情報源: Twitter

アーヘリ・プラダン

アーヘリ・プラダン

A grandma by heart who loves to knit, sketch, and swing in parks.公園で編み物をしたり、スケッチしたり、ブランコを振ったりするのが大好きな、心からのおばあちゃん。 Binge-reads a massive amount of manga from psychological to shounen-ai.ビンゲ-心理学から少年愛まで大量の漫画を読みます。 Either awkward or salty, there's no in-between.ぎこちないか塩辛いかのどちらかで、間にはありません。

コメント

コメントを残す