呪術廻戦 257 Raw、ネタバレ: 雄二は兄弟を失うが、もう一人の兄弟を得る

最終章でのスリリングな出来事の変化の後、 十術会戦、 残念なことに、事態は再びスクナに有利に傾いています。第259章の次のリリース日は次のように設定されています。 12年5月2024日.

のエンディング 第4章 スクナは神聖な炎で攻撃する準備ができていました。スクナがジョーゴに対して神聖な炎を使用するのを見てきましたが、攻撃が彼に届いた瞬間にジョーゴは即座に崩壊しました。イタドリがそれに対抗できるかどうかは難しい。

呪術廻戦第259話のイタドリの現在の窮状

イタドリは宿儺との戦いで優位に立ち、黒閃の連射で宿儺の魂を弱めることに成功した。

神聖な炎 |ソース: Vizメディア

逆呪術は使えないものの、 スクナ ドメイン拡張を取り戻し、解き放たれた 悪意のある神社。スクナの領域が終わるまで持ちこたえようとイタドリが身構えていると、スクナが神聖な炎を狙っているのが見えた。

イタドリの修行

血を操る術について語り合う虎杖、蝶蘇、加茂。イタドリはチョソにコンバージェンスを教えてほしいと頼むが、チョソは教えることができない。加茂は血液操作術の仕組みを説明するが、イタドリを教えるという長宗の提案を叱責する 超新星。

イタドリの修行
イタドリの修行

加茂によ​​れば、イタドリは治癒のために血液操作を学ぶ必要があるという。長宗はがっかりしたが、カモはイタドリが止血と縫合の方法を知っていれば十分だと信じている。板取が2人目に入れ替わった相手が乙骨憂太だった事も判明。

スクナの神炎がイタドリの希望を焼き尽くす

スクナは自身に縛りの誓いを課し、神炎の有効範囲と威力を増大させ、それらを解き放ちます。葉刈キンジと戦っていた浦梅は、この技なら勝利は確実だと語る。

シールド
チョーソの盾

神聖な炎はスクナの最強の攻撃であり、マホラガを倒し、渋谷で何百万もの人々を殲滅する責任を負っていました。攻撃はイタドリの前に座る長宗のパネルに途切れる。チョソは宿儺の攻撃からイタドリを守るために血の盾を作り自らを犠牲にしたようだ。

チョソの悲しい別れ

私たちは、想像上の魂の世界にいるチョソとイタドリを見て、そこでチョソは彼よりも早く RCT を学んだことを褒めます。イタドリはスクナが体を使ったせいだと言うが、チョソは弟は兄を超える存在だから大丈夫だと言う。

チョソのさよなら
チョソのさよなら

長宗がこのまま消えるわけにはいかないと涙するイタドリ。長宗は、もし死ねば一人になってしまうイタドリと一緒に居られるように自分を犠牲にしたユキに謝らなければならないと感じている。

いたどりは、一番大変な時にそばにいてくれた長宗に感謝を伝える。現実に戻ると、長宗が兄でいてくれたことを感謝すると、イタドリは泣き崩れる。長宗が最後の言葉を残して去っていくとき、イタドリは彼に感謝し、兄貴と呼びます。

イタドリはまた一人?

戦場の混乱の中で一人立ち尽くすイタドリは希望を失ってしまう。彼はスクナが彼に近づくのを見て、聞こえる人に弱々しく呼びかけます。しかし、戦場でたった一人になってしまい、彼は戦う決意を失ってしまう。

藤堂葵
藤堂葵

なんと、いたどりを呼び出したのは、戦時以来任務を離れていた東堂葵だった。 渋谷事件。藤堂は、呪われた術を使い、マキとイノをカラスと交換して救ったと説明する。

戦いにおける藤堂の役割

私たちはメイメイと藤堂が彼の復帰と戦いでの役割について話し合うシーンに戻ります。彼らはスクナの領域に閉じ込められた人々を救出する計画を立てようとします。メイメイのカラスと藤堂のブギウギの技を使って人々を外へ連れ出すことができる。

トドとユウジ
藤堂と板取が共闘する

藤堂は保証する イタドリ 彼が救った人々は おそらく大丈夫です。 仲間がいると信じて おそらく大丈夫です、 イタドリは決意を取り戻し、再び戦う準備を整える。宿儺は領域拡張直後で呪術が使いづらい状態となっている。

兄弟は再び手を取り合い、最後の戦いに向けてスクナに向かって進みます。東堂葵の技は雄二と相まって強力なダイナミクスを持っています。この章は「兄弟が繋ぐ、勝利への道!」で終わる。

呪術廻戦の最強キャラランキング!

呪術廻戦について

呪術廻戦は、芥見下が書いたイラストの日本の漫画シリーズで、2018年XNUMX月から週刊少年ジャンプで連載されています。

2020年XNUMX月に初演されたMAPPAが制作したアニメテレビシリーズの映画化。

物語は中心に展開します 板鳥優二、陸上競技が嫌いなのにめちゃくちゃ体調の高校生。 強力なお守りを飲み込んで友達を呪いから守ると、ゆうじは魔術の世界に巻き込まれる。

この呪いをかけられてもゆうじはあまり影響を受けなかったのを見て、サトルは世界を救うためにゆうじを送ることにしました。

アーヘリ・プラダン

アーヘリ・プラダン

A grandma by heart who loves to knit, sketch, and swing in parks.公園で編み物をしたり、スケッチしたり、ブランコを振ったりするのが大好きな、心からのおばあちゃん。 Binge-reads a massive amount of manga from psychological to shounen-ai.ビンゲ-心理学から少年愛まで大量の漫画を読みます。 Either awkward or salty, there's no in-between.ぎこちないか塩辛いかのどちらかで、間にはありません。

コメント

コメントを残す