『少年と鷺』は約20年ぶりに再びオスカー賞を受賞することになるだろうか?

まとめ

  • 映画芸術科学アカデミーは、作品賞部門の検討対象となる日本映画7作品を発表した。
  • 『すずめ』と『少年と鷺』は映画賞と長編アニメーション部門の対象となる。

アニメ映画がオスカー賞を受賞してからほぼ 20 年になります。前回話題を呼び起こし、アニメの世界的認知への道を開いたのは宮崎監督の「千と千尋の神隠し」だった。

前回、長編アニメ部門の対象となるアニメ映画5作品のリストが公開された。この度、作品賞部門の対象作品が明らかになった。

映画芸術科学アカデミーは、2024年のオスカー作品賞にノミネートされる対象となる映画の完全なリストを発表した。

リストされている 265 本の映画のうち、アニメ映画、または日本のクリエイターやフランチャイズに関連する映画は次のとおりです。

  • ゴジラマイナスワン
  • 宮崎駿の『少年とサギ』
  • ゴジラマイナスワン
  • スーパーマリオブラザーズムービー
  • YOSHIKI アンダー・ザ・スカイ
  • 新海誠監督の『すずめ』
  • トランスフォーマー:獣の台頭

『ゴジラ マイナスワン』はすでに視覚効果部門の最終候補に残っています。日本映画がアカデミー賞視覚効果賞の最終候補に残るのは初めて。

一方、「少年とサギ」はすでに長編アニメーション部門の最終候補に挙げられていました。驚いたことに、『スーパーマリオブラザーズ映画』も長編アニメーション部門の対象となる映画のリストにランクインしました。

X JapanのメンバーYOSHIKIに関するドキュメンタリー『YOSHIKI Under the Sky』は最優秀ドキュメンタリー部門の対象となったが、最終候補には残らなかった。

このリストは厳密に対象となる映画のリストであり、最終候補リストやノミネートではありません。アカデミーは23月10日に最終ノミネートを発表し、授賞式はXNUMX月XNUMX日に行われる。

リストに載っている映画はどれも印象的ですが、『少年と鷺』と『すずめ』が両方の部門に選ばれたことに私たちは皆とても感銘を受けています。

『ザ・ボーイ・アンド・ザ・サギ』は一生に一度の映画であり、絶対的な最高傑作だ。ファンは宮崎選手がこれらのカテゴリーのいずれかを獲得することを心から望んでいます。そして、ここにその心からの願いがあります。

『少年とサギ』について

「少年とサギ」 』(きみたちはどう生きるか)は、宮崎駿が脚本・監督を務めたアニメ映画。 この物語は、1937年に初めて出版され、戦前の日本を舞台にした吉野源三郎の同名小説にインスピレーションを得ています。

この小説は、東京に住む XNUMX 歳の少年、コッパーの物語を語ります。毎日何千人もの人々を観察し、あらゆることに疑問を抱いています。 父親の死後、彼は哲学的啓発の旅に出て、その知識を使って最善の生き方を決定します。

情報源: Indiewire

アーヘリ・プラダン

アーヘリ・プラダン

A grandma by heart who loves to knit, sketch, and swing in parks.公園で編み物をしたり、スケッチしたり、ブランコを振ったりするのが大好きな、心からのおばあちゃん。 Binge-reads a massive amount of manga from psychological to shounen-ai.ビンゲ-心理学から少年愛まで大量の漫画を読みます。 Either awkward or salty, there's no in-between.ぎこちないか塩辛いかのどちらかで、間にはありません。

コメント

コメントを残す