『薬屋のひとりごと』漫画家、47万円脱税で有罪

日本で漫画に関する脱税事件が発生すると、漫画家は漫画の出版中止や関連アニメの中止につながる可能性のある重大な罰金に直面することになる。 

最近、漫画家の池田エリカ氏が関与した大きな事件が起きた。 薬屋の日記。ファンは漫画の今後とアニメの第2シーズンが開催されるかどうかを心配しています。

このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する 薬屋の日記 漫画イラストレーター 池田エリカペンネーム「猫くらげ」で知られる被告は、数年間にわたって収入を申告せず、約47万円を脱税した疑いで起訴された。 

福岡地方裁判所
福岡地方裁判所 |ソース: Googleマップ

彼女は法廷での初公判で所得税脱税の容疑を認められた。 福岡地方裁判所 月31、2024に。 

訴訟は武田祐子裁判長が監督した。被告 池田 彼女に対する容疑を認め、次のように述べた。 

数年前から連結納税をする予定でした。」

検察側は冒頭陳述で次のように指摘した。 池田 2010年から漫画家として活動を始め、確定申告の必要性を認識。しかし、彼女は漫画の締め切りを優先し、そうしませんでした。

検察は、池田被告が納税申告書を遅れ、数年分を一度に提出した過去があったことを強調した。 

起訴状などによると、池田被告は2019~21年に漫画家として計約2億6000万円の収入を得ていた。 

しかしながら、 約47万円の所得税を脱税した疑い 提出期限を過ぎてしまった場合。その後、彼女は延滞税を含む全額を支払いました。 

担当編集者からは「問題を起こしたら連載打ち切りです。今後もよろしくお願いします」と言われたとも記されている。確定申告をしたほうがいいよ」と原作者もアドバイスし、「税理士に相談したほうがいいよ」とアドバイスした。

とは言え、その運命は、 薬屋の日記 は不明であり、事態が悪化した場合、判事はシリーズを危険にさらすこともあり得る。 

情報源: ライブドアニュース

アーヘリ・プラダン

アーヘリ・プラダン

A grandma by heart who loves to knit, sketch, and swing in parks.公園で編み物をしたり、スケッチしたり、ブランコを振ったりするのが大好きな、心からのおばあちゃん。 Binge-reads a massive amount of manga from psychological to shounen-ai.ビンゲ-心理学から少年愛まで大量の漫画を読みます。 Either awkward or salty, there's no in-between.ぎこちないか塩辛いかのどちらかで、間にはありません。

コメント

コメントを残す